各装置の紹介

データロガー

気温や日射量、肥料濃度など11項目を測定し、見える化します。

取得した値はクラウドに上がるため、スマートフォンやPCで見たり、ほかの制御機器のトリガーとして使うことができます。

  1. 気温
  2. 湿度
  3. 飽差
  4. CO2濃度
  5. 瞬間日射量
  6. 24時間積算日射量
  7. 水温
  8. 養液EC
  9. 土壌水分量
  10. 土壌温度
  11. 土壌EC

自動換気・遮光装置

モーターを動かして、カーテンの巻き上げ・巻き下ろしを自動でしてくれる装置。

気温が高くなったら、側窓を開けたり、閉めたりします。

モーターを動かす動作ができるため、天井の遮光カーテンを動かしたりも出来ることがあります。

データロガーと連動して、気温・飽差・CO2濃度・日射量で動かす設定も可能◎

自動潅水装置

養液土耕に使う、自動で潅水・施肥をしてくれる装置。

データロガーの日射量と連動し、日射比例潅水が行えます。

廃液量との連動も現在開発中。

水耕栽培用では、DFTの水位を取得することで一定のEC・水位を保つことができます。

細霧冷房

細かい霧を発生させることで、気化熱により周りの熱を奪う装置。

冷房としての気温管理はもちろん、飽差を管理することで光合成効率をアップさせ、高収量を目指せます。

飽差が高くなりやすい夏場、大活躍の装置です。

また、開始時間、終了時間、停止飽差を設定できるため、乾燥気味の時だけ自動でミストを発生させることができます。

廃液データロガー

養液土耕の廃液量・ECを測定するデータロガー。

廃液量が給液量の1/3になるように給液したい…などの要望に応えるべく、測定するデータロガーです。

以下の項目を測定します。

  • 廃液水温
  • 廃液EC
  • 廃液量

ゲートウェイ

電波を管理するデバイス。

スマートフォンで機器の状態を確認したり、操作するための電波を色々とやりとりします。

携帯電話の回線が届く(3G、LTE)場所であれば、どこでも使用可能。

ゲートウェイから1km以内に他の装置を置くことで、各機器が相互通信して動くことができます。

今でこそシステム開発をしておりますが、私はあくまで一農家でした。
省力化なんてどこから手を付けたら良いのか正直、全然わかりませんでした。

もし、何から手を付けたらいいのか…と悩まれる方がおりましたら、

・繰り返しの作業
・考えずにできる単純作業

を優先的に機械にお任せするようにして、省力化を進めていくといいかと思います。

悠々システムは、自分の単純作業を変わってやって欲しいと思って作った仕組みです。
まだまだ荒削りなシステムですが、何か動き出したい場合は、お力になれるかもしれません。

お気軽にご相談ください。